第17回 エムウェーブ杯争奪アイスホッケー大会要項      

 主 催  長野市アイスホッケー協会

2 共 催  (株)エムウェーブ

3 主 管  長野市アイスホッケー協会

4  後 援  長野県アイスホッケー連盟 

5 期 日 平成27年1月17日(土)~平成27年2月28日(土)

6 会 場    ビッグハット・エムウェーブ

7 競技方法

(1)すべての試合について、第3ピリオド同点時は、サドンビクトリーによるゲームウィニングショット(GWS)で勝敗を決する。

  ただし、3名までは異なる選手とする。4名以降は選手が重複してもかまわない。

(2)トーナメントA~Eは各ピリオド正味15分、トーナメントFは各ピリオドロス込み10分とする。(または正味10分ルール)

(3)マイナーペナルティーは、トーナメントA~Eについては正味2分、トーナメントFは3回まで警告4回以上はPSとする。

(4)その他は、本大会特別ルールおよびIIHFルールによる。

  本大会特別ルール: Bリーグは、以下のオールドタイマールールを適用する。 ・ボディチェックの禁止 ・バッティングシュートの禁止  

8 参加資格

        

(1)参加選手は、日本アイスホッケー連盟と長野県アイスホッケー連盟ならびに長野市アイスホッケー協会に登録した者とす    

   る。

(2)市リーグ戦以降、未登録選手の参加申込みがある場合は、該当試合の前日までに事業委員長に報告すること。

  なお、報告がなく、未登録選手が試合に参加した場合は、没収試合とする場合もあるので注意すること。

8 参加費   (1)参加料1チーム30,000円。トーナメントC,E,Fは10,000円(ともにリンク代を含む。)

 

9 参加チーム及び組み合わせ

  (1)トーナメントA(一般)

AC長野パルセイロ・長野キングス・長野ベアーズ・信州大学・FNC(5チーム)

  (2)トーナメントB(一般)

教員フェニックス・長野オリンピア98・xxxxブレーザーズ・クレージーダックス・山親爺レッツ連合(5チーム)

  (3)トーナメントC(中学生・高校生)

・AC長野パルセイロ・長野工業高校、高中体連合同・長野ウイングス(3チーム)

  (4)トーナメントE(小学校高学年)

長野ウィングス・AC長野パルセイロ(2チーム)

  (5)トーナメントF(小学校低学年)

長野ウィングス・AC長野パルセイロ(2チーム)

※対戦は、本年度の市リーグ戦の順位(予選リーグ)により決定する。

 ただし、、本大会に出場しないチームがある時は、そのチーム以下の順位を繰り上げて予選リーグの順位として扱う。また、市リーグ戦に参加しないチームがある場合は、最下位順位として扱う。

10 表彰

(1)優勝チームには、優勝カップ(持ち回り)を贈呈する。

(2)優勝チームから1名最優秀選手を選出し、トロフィーを授与する。

(3)表彰式は、各部門とも最終試合が終了した時に氷上で行う。

                                                                       

11 その他

・チーム事情等で試合の実施が不可能な場合は、出来るだけ早めに事業委員長まで連絡すること。

    その際は、担当試合のオフィシャルは責任をもって行うこと。(他チームに依頼する等)"

・開会式には1月17日の第1試合の両チームは参加してください。

12 開会式

開会式:平成27年1月17日(土)9:00~ビッグハットリンクサイドにて

次第   進行(事業委員会)

1.開式通告

2.大会長挨拶(西沢市ア協会長)

3.名誉大会長挨拶(土屋Mウェーブ社長様)

4.優勝カップ返還(昨年度各リーグ優勝チーム)    5.競技上の諸注意(  )

   6.選手宣誓(    )

   7.閉式通告

13 閉会式

             各リーグプレーオフ最終戦終了後直ちに氷上にて行う。

14 プロトコル(試合開始手順)

試合開始まで 内容

試合開始30分前まで 受付     オールメンバー表の提出

20分前 オフィシャル席用意(得点板、タイマー、オフィシャル用紙など)

15分前 製氷開始   放送機器確認

10分前 オフィシャル用紙記入

試合時刻 練習開始(練習等パック、時間計測5分間)

5分後 両リーム整列。試合開始

15 その他

(1)各チームとも試合開始30分前にオフィシャル席にオールメンバー表を提出して受付をすること。

(2)出場選手は、必ず定められた防具を着用すること。 (IIHF競技規則に即して)

   ・18歳未満の選手および女子選手は、フルフェイスのヘルメット、ネックガードを試合中及び練習中、着用

    すること。

   ・1974 年 12 月 31 日以降に生まれたプレイヤーは、少なくともバイザーを着用するものとする。

   ・U20プレーヤーは、マウスガードを使用すること。

(3)オフィシャルの分担は、責任を持って両チームで相談の上、行うこと。(最低各チームから4名)

(試合がキャンセルになった場合もオフィシャルは行う)

(4)事業委員及びオフィシャル委員は、開閉会式の準備およびオフィシャル席の準備をお願いします。

(5)試合結果は、できるだけ早く連絡すること。連絡方法は、オフィシャル席に掲示しておきます。

(6)オフィシャル席は、試合終了後、整然と片付けをすること。

(7)大会参加に当たって、各チームとも安全対策と危機管理について十分は準備をお願いします。

 (リンク使用上の注意、地震発生時の退場方法などチームに伝達すること)